APPEON for PowerBuilder について

Appeon for PowerBuilder 2015

Appeon for PowerBuilderは、スピーディなWeb/モバイルアプリケーション開発を実現するPowerBuilderサポートソフトウェアです。

製品はアプリケーションを動作させるサーバソフトウェアと開発補助ツールに分かれており、動作プラットホームに対応するアプリケーションを簡単に開発、利用できる仕組みを提供することで、利用者や開発者の負担を最小限に抑えます。また、独自APIも提供されるため、PowerBuilderだけでは実現できなかった機能を実装した開発も可能になり、マルチプラットホーム展開を強力にサポートします。


シンプルな構成

Appeon for PowerBuilderのサーバソフトウェアはJ2EEアプリケーションサーバ上で動作します。一般的なJ2EE Webサーバ構成で動作するため、特殊な技術/知識の習得は必要ありません。また、製品はインストーラの指示通りに進めるだけで簡単に導入できます。

開発補助ツールは、PowerBuilder開発環境(IDE)に統合され、アプリケーションを切り替えることなく各種設定やサーバへの配布/削除、プログラム修正を行うことが可能です。

サーバへ配布されたアプリケーションの利用も簡単です。WebブラウザへURLを指定するだけで利用できます。モバイル端末ではOS毎に用意されたネイティブアプリケーションにURLを登録するだけです。


スピーディな開発

アプリケーション開発にはSAP PowerBuilderを利用します。画面やウインドウ制御、データベースへのアクセス等はPowerBuilder IDEからオブジェクトやコントロール、データウィンドウを使って配置、設定するだけで実際に動作するプロトタイプが完成です。

表示位置の調整やプログラミングの必要な個所は視覚的に確認しながら進めることができるため、完成イメージを視覚的に捉えながら短期間で開発できます。

イージーな機能拡張

Appeon for PowerBuilderにはAPIが付属しています。アプリケーションを利用しているプラットホームを判断して画面や操作方法を変えることもできるため、より使いやすいアプリケーションを提供することが可能です。

モバイル用には、デバイスに搭載されているカメラやGPS、NFC等の機能を簡単に利用するAPIが提供され、デバイスの機能をフル活用したアプリケーションを開発、提供することも可能になります。

製品リーフレット及び評価版(ダウンロード)

リーフレットには機能や動作環境、ライセンス体系について記載されています。評価版は、30日間限定で全ての機能を利用でき、簡単な配布方法やUIの再現性を実際に動作させてご確認頂けます。

どちらも下記ダウンロードページから参照、取得できます。

ダウンロードページへ >>