新着情報

【重要】Appeon PowerBuilder/InfoMaker 2017 R2:大文字/小文字の取り扱いについて

Appeon PowerBuilder/InfoMaker 2017 R2 日本語版では、アルファベットに代表される大文字/小文字の区別がある文字の
取り扱いについて仕様が変わっています。
PB12.6以前の日本語版では大文字/小文字を区別する文字はASCII文字のみでしたが、PB2017 R2日本語版では全角/半角に関係なくすべて対象となります。

これにより、PB12.6以前の日本語版からPB2017 R2日本語版へのマイグレーション時に以下の事象が見られます。

■ 事象内容
・コントロール名等へ指定する識別子に全角英大文字が使用されている場合、オブジェクトを修正/保存することで
 全角英小文字に変換される
・Upper / Lower / WordCap 関数の変換対象が全角も対象となる
・Oracle DBインターフェイスの「大文字/小文字の区別」(DBParmのMixedCase)パラメーター指定時の挙動が、全角も
 対象となる

上記により、アプリケーションに対して一部修正が必要となるケースがあります。
各事象の詳細や影響パターン等については、「Appeon PowerBuilder/InfoMaker 変更点のご紹介」の[ 変更された機能 -大文字/小文字の取り扱い- ]をご参照ください。