技術情報


技術情報を検索する

PowerBuilder/InfoMaker 12.5.2 の Windows Server 2012 R2 の対応

更新日:2015年3月 2日

本ページの内容は、PowerBuilder/InfoMaker 12.5.2 の Windows Server 2012 R2 オペレーティングシステムへの対応状況について、お客様への情報提供することを目的としております。

正式にサポートされている組み合わせではありませんので、限定的ではありますが、配布環境で動作確認テストを行いましたので、その結果につきましてお知らせいたします。InfoMaker は PowerBuilder のサブセットであり、InfoMaker での動作結果は PowerBuilder の動作結果に含まれます。

■日本語版 Windows Server 2012 R2 正式版 上でのテスト

サポート対象であるWindows Server 2008 ビルド 6001 Standard エディション - x64版 と Windows Server 2012 R2 ビルド 9600 Standard エディション上で、 PowerBuilder の以下のバージョンで、サンプル アプリケーションの コード サンプル (注 1) の動作テストを行いました。

  • PowerBuilder 12.5.2 Build 5006J Enterprise Edition [以下 PB12.5.2 と記します。]

■アプケーション動作の相違点

Windows Server 2008 と Windows Server 2012 R2 上でのアプリケーションの動作非互換は現時点で、以下の5点見つかっております。

  1. ダイアログボックスの高さと幅について


  2. MessageBox 関数で表示するダイアログボックスの高さと幅が大きくなりました。[PB12.5.2 が該当]

    〔例〕
    Windows Server 2008
    Windows Server 2008
    Windows Server 2012 R2
    Windows Server 2012 R2
    対処
    OSの仕様変更が原因で、有効な回避策は見つかりませんでした。

  3. タイトル バーの表示について


  4. Windows Vista から [最小化]、 [最大化]、[元に戻す]、 [閉じる] のコントロール メニューのボタンが少し大きくなったため、タイトル バーに表示される文字数が少なくなり、文字が切れる場合があります。[PB12.5.2 が該当]

    〔例〕
    Windows Server 2008
    Windows Server 2008
    Windows Server 2012 R2
    Windows Server 2012 R2

    対処
    タイトルバーに必要な文字数が入るように、ウィンドウのサイズを少し大きく作り直します。

  5. カレンダを使用するコントロールについて


  6. カレンダを使用するコントロール(日付ピッカー、エディットマスク、月表示カレンダ)で、色やフォントに関するプロパティの設定が動作しないものがあります。Windows Server 2012 R2 上では月表示カレンダの背景色プロパティのみ有効になり、それ以外は動作しませんでした。[PB12.5.2 が該当]
    〔例〕
    Windows Server 2008 : 色やフォント変更
    Windows Server 2008 : 色やフォント変更
    Windows Server 2012 R2 : 色やフォント変更
    Windows Server 2012 R2 : 色やフォント変更

    対処
    実行ファイル作成のためのプロジェクトで、[Windows クラシック スタイル] チェックボックスにチェックし、実行ファイルを作成します。これにより、プロパティの設定が有効になります。

  7. 長方形コントロールを移動した場合の枠線について

  8. データウィンドウに配置した長方形コントロールをドラッグして動かした場合に表示される枠線が太くなります。[PB12.5.2 が該当]
    Windows Server 2008
    Windows Server 2008
    Windows Server 2012 R2
    Windows Server 2012 R2

    対処
    PowerBuilderの設定で、枠線の太さは変更できないため有効な対処方法はございません。

  9. Run 関数でタスクマネージャを最大表示で動作させた場合について

  10. Windows Server 2012 R2 上でRun 関数でタスクマネージャを最大表示で動作させた場合に、最大表示にはならず、通常と同じサイズで起動します。 [PB12.5.2 が該当]

    対処
    有効な対処方法は見つかりませんでした。

その他、新たな非互換が判明した場合には、本ページに情報を追加致します。

* 注 1
コード サンプルは、PowerBuilder 各バージョンのインストール CD に含まれているものです。 コード サンプル アプリケーションでは、データベースとして、SQL Anywhere 12 を使用しております。

本ページは Microsoft Corporation のガイドラインに従って画面写真を使用しております。