技術情報


技術情報を検索する

PowerBuilder/InfoMaker Windows 10の対応について

更新日:2016年7月14日

PowerBuilder/InfoMaker 12.6日本語版はメーカーがWindows 10をサポートしておらず、今後の正式サポート発表も現在未定となっております。
しかしながら、お客様からのお問い合わせも多くいただいておりますので、コードサンプル(*1)を使用し、弊社独自で動作確認を行いました。
その結果についてお知らせいたします。

* 注 1
コード サンプルは PowerBuilder に同梱されているサンプルプログラムです。

■ 確認環境

  PowerBuilder : 12.6 Build 4035J Enterprise Edition
   ※同梱されているInfoMakerの動作確認も行いました
  OS : Windows 10 Pro バージョン1511 ビルド10586 (32bit・64bit)
  Database : SQL Anywhere 16

■ 確認内容

  開発環境
    PowerBuilder12.6のインストール
    PowerBuilder Classic IDE の操作
  実行環境
    Windows 10上へのコードサンプル配布と動作

■ 結果

  PowerBuilder12.6のインストール
    特に問題は見つかりませんでした。
  PowerBuilder Classic IDE の操作
    特に問題は見つかりませんでした。
  Windows 10上へのコードサンプル配布と動作
     Environment オブジェクト
     OSMajorRevision(OSメジャーバージョン番号)、OSMinorRevision(マイナー バージョン番号)は、Windows 8と
     同じ値(それぞれ「6」、「2」)で表示されますのでご注意ください。

  弊社確認結果は以上ですが、Windows 10をご利用になる場合には対象アプリケーションの動作をご確認ください。